とあるナスのブログ

思った事やその日の出来事を綴るブログ

ゲーム内の過去の失恋話 後編

前編に引き続き、いらん暴露話!(え



海イベントの件があって…

俺は自分が抱く感情が恋愛感情だと悟った。


そして事件は起こった…


ある時、チムメンが殆どインしている中

彼女が離席した。

その時に俺は…チムチャで叫んでしまったのだ。


「俺は、レンが大好きだ!」


と。


それを聞いてはやし立てるチムメン。

頑張れ!応援してる!と言うチムメン。

チムチャが荒れる中、彼女が戻ってきた。

彼女はチャット履歴を見返し…


…未だに分からないのだが、

彼女は何故か

荒れた原因を知りながらも

俺ではなく、はやし立てたチムメンを責めた。

俺には何も言わず。


それからは何事もなかったかのように時が過ぎた。


けれど、俺の気持ちは変わらなかった。

いあ、変わらず仲良くしてくれる彼女に

益々想いを募らせた。


そんな時、チムリダから呼び出され

レンの話を聞かせられる事があった。


レンはこの世界で以前

ストーカー被害に悩まされ

それが原因でキャラ削除をしようとした事があったらしい。


最初はそれを聞いて、

ならそんな危険人物が近づかないように

俺が守ろう。

…なんて馬鹿な発想もした。


でも次第に気付いたのだ。


彼女を好きで、

好きなあまり一緒に行動したいだとか

相方になりたいとか…

考えている自分が一番

彼女にとって、危険人物なのではないか、と。

彼女を不幸にする存在は俺なのではないか、と…


そして俺は、段々距離を置くようにした。


好きだと思わないように、

悟られないように、

彼女を傷付けないように…



そうしていつしか、相棒ではなくなった。


でも、何故か日に日に元気を無くしていく彼女を見ては

干渉してはいけないと思いながらも

心配で…

相変わらず距離は置くものの様子を見ていた。



そんな時、彼女から話がしたいと呼び出された。

そして言われた。

「カルちゃんは、私に何か言いたい事があるんじゃないの?」

…と。


その時伝えた事は…

ただ、心配しているという事と

本当は仲良く遊びたいと思っているのだと…

…それだけしか言えなかった。

以前チムチャで盛大に叫んだ阿呆な癖に(笑)


彼女は俺の話を黙って聞くだけだった。

でも聞いた後最後にたった一言

何故か「安心した」と言われた。


俺はその言葉の意味が分からなかった。


その後一緒に遊ぶ機会を作ってくれるようになった彼女。

でも感情を殺す俺。


尚も普段通りに接してくれる彼女に、

俺は耐えきれず…

フレを削除してしまった。


チムはそのまま。

フレだけを辞めよう。

フレ欄で彼女の行動を見る毎日に

ケリを付けたかった。



切ってから、彼女は仕事が忙しくなり

あまりインをしなくなった。

仕事に精一杯で、俺がフレでなくなっても

彼女には大した事ではない…

そう思っていた。


でも


その後、チムリダから呼び出されて、言われた。

「カルはレンを傷付けた。」

「レンはカルの事があって、チム抜けようとしてる」


そして話し合え、と…

チムリダの家に俺とレンは呼び出され

全てを話す事になった。


何故切ったのか。

何故距離を置くのか。


終始黙っている彼女に

謝罪と、理由と、

嫌いで切った訳でなく好きだから切ったのだと

自分の気持ちを話す羽目になった。


彼女は聞き終えると、

「謝って欲しい訳じゃない」

「辛い、今も涙が止まらない」

少し頭冷やして来る…と席を一度立って。


戻ってきた時、俺は初めて彼女の気持ちを知った。


本当は仲良くしたい、という事。


「仲良くしたいのに冷たくされて悲しい。

距離を置かれて、自分は傍に居てはいけないんだと思った。」


最後に言われた言葉


「好きなら好きで良いじゃん!どうして離れるの?」


この言葉を言われて初めてはっとした。


ちゃんと言えば良かった。

思っていた事、感じていた事。

あんなに近くに居たのに

どうして伝えられなかったのだろうか?

ちゃんと話し合えば

俺たちは傷付け合う事はなかっただろう。



この事があって、俺は学んだ。


ちゃんと気持ちは伝える事。

思った事は思った時に伝える事。

自分の気持ちから逃げない事。


もう誰かを、自分の弱さのせいで

傷付けたくはない。


楽しかった時は楽しいと言おう!

悲しい時は悲しいと言おう!

好きだと思ったら好きだと言おう!


人間いつ死ぬか分かんねーんだしw

言わないで後悔したり損したり…

そんなん意味ねーじゃん!



…これが、俺がこの時学んだ事(^-^)


誰かを自分のせいで傷付けないように。

今、一瞬一瞬を大事にしよう!



ちなみに、トラウマになった事は…

団体内での恋愛暴露(笑)

カルはこの人が好きなんだよね~♪

なんて話題にされたり…

されると、俺も調子に乗るというか?

面倒な奴になるので(^_^;)


密かに想って密かにアタック!


それが俺の下手な恋愛テクニック?だぜ!w




以上!

長々読んでくれた方…

変な話読んでくれて有難うでした(´・ω・`)ゝ


今日も一歩ずつ!地道に頑張るべ~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。