とあるナスのブログ

思った事やその日の出来事を綴るブログ

ゲーム内の過去の失恋話 前編

こんにちは!カルです。

ドラクエ内であった失恋話を話すぜぃ。



軽くトラウマちっくになっているので

今でも昨日の事かのように

鮮明に覚えている。



丁度2年前。今頃の時期だった。


俺が新しく入ったチムに

後から遅れて入ってきた、いわゆる同期。

…ここでは仮にレンと呼んでおこう。


レンは3つ年下の

おっとりしていて、

誰にでも優しく、気配りが出来る子。

いつも一生懸命で真面目で頑張り屋で…


チムの後輩が増え、助っ人を募集されれば

俺もそうだったが彼女も

困っている人を放っておけない質

だったらしく。

よく2人で後輩の面倒を見ていた。

そんな関係だった。


彼女と組む度、彼女の優しさを知る度

俺は彼女を特別視するようになっていった。

最初は相棒のようだと思った。

考えつく事が同じで、発言する事も同じ。

似た者同士?

興味が益々沸いた。

彼女も実は同じように″私たちは相棒みたいだよね!″

と言ってくれていた。

それが嬉しかった。



8月になって、海イベントが開幕。

当時は釣りをして水着衣装をゲットするだけのイベント。


ある時、それに偶然にも2人きりで行く事になった。


2人で釣りをして

ゲットした水着を着ては似合う!と褒め合い。

特に他には何もイベントはなかったが

ついでだから奥の島まで泳いでみようよ!

と言う彼女の言葉に

従うように俺は付いていった。


泳いだ先の島には、点々とカップル。

その合間を歩いていた時、彼女が急に言いだした。


「私、一度で良いから浜辺でおいかけっこがしてみたい!」


…おいかけっこ…楽しかったな(´▽`)←やったんかいw


私を捕まえてごらん~♪と逃げる彼女。

追いかける俺。

捕まえて、じゃ次は俺の番!

捕まえてみろよ?と言う俺を追いかけてくる彼女。


…青春じゃった~(´-ω-`)



あの頃は毎日が生き生きしていて

周りがキラキラして見えて

凄く楽しかった。



…長いので後編に続く!←え

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。